menu

タクシードライバーへの転職:タクシードライバーってどんな仕事?働き方や給料について解説します

「タクルート」や本コラムをご覧になっている皆さんは、タクシードライバーへの転職に興味を持たれていらっしゃる方々だと思います。経験者、未経験者ともに、転職して新しい環境で働くというのは不安を感じるものです。特にタクシードライバーに関しては、

  • うまく営業できるのか?
  • 流し営業で稼げるのか?
  • 長時間乗務など過酷な労働環境ではないか?
  • 未経験でもできるのか?

と、不安要素が多いかもしれません。

今回はタクシードライバーへの転職を考えている皆さんに、改めて「タクシードライバー」について解説していきます。

実は働きやすい!サポートが整っているタクシードライバー

タクシードライバーに対して、「ハード」「稼げない」などネガティブな印象をお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。しかし実のところ、タクシーは若手や子育て世代、シニア世代まで幅広く柔軟な働き方ができる業界です。その時々の自分や家庭の都合に合わせて、働き方を選ぶことができます。

タクシードライバーの働き方

■タクシー業務の種類

タクシーには大まかに下記のような業務があります。

  • 一般タクシー:お客様を送迎する通常のタクシー
  • ハイヤー:運転手付き、貸し切りなどの特別なタクシー。基本的には企業契約や予約制
  • 専門タクシー:介護、観光、キッズタクシーなど専門資格を持つドライバーが担当するタクシー
  • 運転代行:お客様の車を運転する(随伴車の運転は普通二種免許必要なし)

■雇用形態

会社に雇用され、企業に所属しているドライバーや、個人タクシーとして企業に所属せず個人事業主として働くドライバーもいます。

■勤務形態

タクシードライバーにはさまざまなシフトがあります。これらのシフトをうまく組み合わせることで、ライフワークバランスを調整することができます。

  • 日勤:「1日8時間勤務、1時間休憩」の日中の乗務
  • 夜勤:夕方出社して深夜〜明け方に帰庫する乗務。夜間の割増賃金が適用されるため、高い売上が期待できます
  • 隔日勤務:1日おきに乗務する働き方。1日21時間以内、最低3時間の休憩を取得。乗務翌日が休みになるため、月11日から13日の休みを取ることができます

その他にも、タクシー会社によっては早番や遅番などシフトが決まっているところもあります。「子どもが小さいから日勤だけで早く帰宅したい」「しっかり稼ぎたいから夜勤を多めにしたい」など、自分の都合に合わせて働き方を選ぶことができるのも、タクシードライバーの魅力です。

 

売上も心配無用!営業しやすい環境を整えています

■専用乗り場や配車アプリで営業をサポート

タクシードライバーへの転職で気になるのは、やはり給与面でしょう。一般社団法人全国ハイヤー・タクシー連合会によると、タクシードライバーの給与の全国平均は360万円ほど。地域によって差があり、東京では480万円を超えています。ただタクシードライバーの場合は勤務形態の違いや歩合給も見込めるため、ドライバーそれぞれで給料が変わってくるのも事実です。

また、タクシードライバーと聞くと「流し営業で稼げない」と不安になる方もいるかもしれません。流しでお客様を見つけるのは確かに大変ですが、ドライバーが営業しやすい環境を整えているタクシー会社はたくさんあります。

たとえば無線配車やタクシーチケットの利用、またテレビ局、病院、スーパーなどの専用タクシー乗り場の設置など、「お客様を確実にお迎えすることができる仕組み」を取り入れている企業はたくさんあります。

またタクシー会社によっては、タクシー配車アプリ「GOアプリ」やAIを導入しドライバーをサポートしている会社や、業務負担を減らすための自動日報を導入している企業もあります。

◎配車アプリ導入ありのタクシードライバー求人情報を探す

 

未経験でも二種免許取得から独り立ちまで指導

タクシードライバー未経験者にとって、転職は勇気のいることです。しかしタクシー業界ではタクシードライバー未経験者に門戸を広げており、こまやかなサポートや研修があります。多くのタクシー会社が二種免許の取得費用を負担しており、未経験でもすぐに二種免許を取得できます。また各会社が地理研修、乗務実習、マナーや接遇講座などを用意し、独り立ちを応援しています。

会社によっては定期的なミーティングや勉強会、シミュレーションなどを通してドライバー同士が情報交換をしているところもあります。さらに、多くの会社が研修中や仕様期間の日給保証をしているため、売上を気にすることなく乗務に集中することができます。

◎二種免許支援ありのタクシードライバー求人情報を探す

 

女性ドライバーが働きやすい環境も整備中

「タクシー=男性の仕事」というイメージが強いかもしれません。実際にまだ9割以上が男性ドライバーではありますが、最近では女性専用休憩室や更衣室などを整備し、提携託児所を持つタクシー会社も増えています。それに伴い、女性ドライバーも増加傾向にあります。子どもを送迎するキッズタクシーなどは女性ドライバーが求められることも多いため、今後ますます女性ドライバーの起用は増えていくでしょう。

またタクシードライバーは、日勤や早番などさまざまな働き方ができるため、小さなお子さんがいる世代や、家族の介護が必要な世代も時間を調整して勤務が可能です。

◎女性のためのタクシードライバー求人特集

 

コロナ禍でさらに新しいサービスも展開

「お客様の送迎」だけにとどまらず、タクシー業界は進化しています。新型コロナウイルスの影響で一時は大打撃を受けたタクシー業界ですが、コロナ禍で新たなサービスも生まれました。

たとえば、飲食店の商品のデリバリーサービスや、買い物代行、お墓参りサポート、医療従事者の送迎、ワクチンの送迎など、コロナ禍に合わせたサービスが利用されています。またコロナ仕様の「ニューノーマルタクシー」も稼働中です。

そのためコロナ禍でもタクシーのニーズは高まっており、タクシードライバーも必要とされています。

 

タクシードライバーへの転職は「タクルート」へ

タクシーは今後もお客様の「足」として必要とされる業界です。柔軟な働き方で、ライフワークバランスを保ちながらしっかりと稼ぐ。コロナ禍の今だからこそできることもあります。今後も展望が広がるタクシードライバーへの転職に、ぜひチャレンジしてみませんか?

タクシードライバーへの転職をお考えの方は、ぜひ「タクルート」をご利用ください。

コロナでも採用求人一覧

ページトップへ