menu

タクシードライバーとしての服装・身だしなみ

服装・身だしなみ

タクシードライバーさんは色に違いはあっても大体ジャケットを着ていて、ネクタイを結び、白い手袋を装着している。
なんとなくそんなイメージがありますよね?
あれは制服なのでしょうか?自分で用意するのでしょうか?


制服がある会社の方が多い


多くのタクシー会社で、白手袋を含めた制服の着用が主流となっています。
制帽については導入していない会社も。
制服があるタクシー会社の場合、制服は無償貸与というところが多いです。ですが、有償レンタル扱いや買い取り扱いで給与から天引きされるというケースも。
制服の費用負担や使用・クリーニング・返却の決まりについては入社前にきちんと確認しておいた方が良いでしょう。
制服がない会社の場合は、各会社の着用する服装に関する取り扱いやルールを確認して専門店等で個人的に用意するという流れになります。

制服がある会社の例
  • 決まった周期で制服一式、もしくは一部が新しいものと交換される
  • 靴は個人で用意する決まりのタクシー会社が多い
  • 制服のクリーニングなどのメンテナンスは自分で行う。タクシー会社に有償でクリーニングを頼むことが出来る会社も
  • シャツは2枚くらい支給されるケースが多い

※各タクシー会社によって規定は様々です。

制服がない会社の例
  • ある程度きちんとした身なりをすることが前提
  • 紳士服店等で販売されているベスト付きのスーツが無難
  • タクシードライバーの制服を扱っている専門のショップで選ぶ ネット販売を行っているショップも。

※各タクシー会社によって規定は様々です。

制服があるかどうかというのも、働くタクシー会社の選び方のひとつの要素にできるでしょう。

女性タクシードライバーの場合は?

女性タクシードライバー

まだまだ男性ドライバーが多くを占めているタクシー業界。ですが女性ドライバーも確実に増えてきています。そんな女性ドライバーの服装に関して現状では…

  • 男性ドライバーと共通のデザインを採用しているタクシー会社
  • ネクタイの代わりにスカーフ等の着用
  • 男女別の制服があるタクシー会社(スカートタイプを着用OKな会社も)

というような形で各タクシー会社によって異なっているようです。

髪型やひげ等の身だしなみについての規則は??


こちらも会社によって様々です。例えば髪型だったら「黒の短髪!茶髪や金髪はNG」な会社もありますし、「常識の範囲内なら髪型については特に決まりがない」タクシー会社も。
ひげについても、「何が何でもひげはダメ!」というタクシー会社もあれば、「キレイに整えているひげならOK」などなど。

タクシードライバー

大事なのは!

清潔感です。
タクシードライバーの仕事はモノを運ぶことではありません。お客様という「人」を乗せるのでサービス業でもあるのです。お客様に不快な思いをさせてしまってはサービス業として失格です。求められるのはサービス業としての「常識」です。その常識を考えれば清潔であることも必須なのがわかると思います。
お客様に気持ち良い時間を過ごしていただけるよう、安全だけでなく身だしなみにも気を配りましょう。

求人特集

女性のための求人特集 ダブルワークOKな求人 定時制・短時間勤務特集 寮完備で新生活 年金受給者歓迎!特集

ページトップへ